慶應義塾大学の倒し方

今回は私学の雄、慶應義塾大学の対策法について書いていきます!


IMG_2414


慶應はその配点からもわかるように、英語を非常に重視しています。
全得点中の英語が占める割合は、文学部42.9%、経済学部47.6%、法学部・商学部・総合政策学部・環境情報学部ではなんと50%、つまり全体の半分です。

と言うことは!

英語ができれば!

慶應合格へグッと近付くのです!!!

(もちろん他の科目も大事ですけどね笑)

慶應は学部によって問題の傾向がかなり違います。
僕は慶應は法学部、商学部、文学部の3学部だけに絞って対策&受験したので、今回は主にそれらの学部の対策について書きます。


文学部

英語
記述が多く、制限時間が長く、辞書使用がOKという、慶應の中でもかなり特殊な形式です。
ネットの記事などを見ていると「辞書使用が認められているのはそれだけ抽象的で難しい英文を読まされるからだ」と言う方がいますが、個人的にはそんなことはないと思います。辞書なしでも全然読めますし、合格点にも届きます。
辞書は、和訳の質を上げるためや英作文での減点を最小限に抑えるために使うくらいで大丈夫です。(辞書に頼らずとも解けるくらいの英語力を身に付けましょう)

世界史
記述が多いですが、問題の難易度自体は少し高いくらいでマニアックな出題はあまりありません。用語集掲載用語を頻度①までしっかり押さえておけば大丈夫でしょう。

小論文
書きやすい題材が多いです。事前に問題形式を確認しておくくらいでも対応できるでしょう。(もちろん対策するに越したことはありませんが)


商学部(B方式)

英語
難易度はあまり高くありません。その代わり、高得点勝負になります。クセもあまり無いので、しっかり基礎力がついていれば大丈夫でしょう。

世界史
これまたあまり難易度は高くありません。が、意外と抜けやすい基礎事項を問うてきます。早慶の対策ばかりしていると基礎が疎かになりがちなので、たまに基礎もしっかり振り返るようにしましょう。そうすれば7割以上は取れるでしょう。

論文テスト
商学部の論文テストは、あまり対策のしようがないように思えます。過去問を解いてみて余程壊滅的とかでなければ、過去問を数年分解くくらいで他に特別対策をしなくてもいいのではないでしょうか。
本当にニガテな人は中学受験の算数の参考書を1冊やるのが良いかもしれません。


法学部

英語
難しいです。求めてくる知識量は受験英語トップレベルだと思います。語彙、文法、英文解釈、速読、全てが大事になってきます。
しかし、恐れることはありません。以前も紹介した僕流の受験英語勉強法(リンク: http://ryogen-english.blog.jp/archives/565369.html)で十分対応できます。
また、語義問題対策としてパス単一級をやる受験生が最近増えてきているような気がしますが、個人的には一切必要無いと思います。推測だけでもちゃんと解けるように作られていますし、パス単掲載単語は毎回そこまで多く出されません。
何もやることがなく暇で暇で仕方ない人以外は手を出すべきではないです。
また、その超暇人の方々も、もし語義問題用にハイレベルな単語帳をやりたいのであればアルクの究極の英単語vol.4の方が良いと思います。近年の過去問を分析したところ、この単語帳掲載単語の方がパス単一級よりも出題頻度が高いです。

世界史
マニアックな問題をこれでもかと出してきます。僕は用語集ははぼ全部覚えたのですが、それでも本番の得点率は68%と7割に届きませんでした。
ただ、英語で7.5〜8割取れていれば世界史では6.5割ほど取れれば十分合格圏内なので、無理にマニアックな問題まで拾いに行かなくても大丈夫だと思います。最低限を抑えたあとは、英語にリソースを割く方が賢いかもしれません。

小論文
あまり差は付かないと言われていますが、法学部の小論文は難しく、背景知識があると無いとでは全然違います。
ある程度の対策はしておくべきだと思います。こないだも紹介しましたが、この参考書↓がオススメです。

IMG_2358



とまあこんな感じでしょうか。

ちなみに僕の本番の得点率は

文学部
英語 記述なので採点不可(恐らく9割超え。採点官によっては満点もあり得るくらいよくできた)
世界史 82%
小論文 採点不可(ただ字数埋めただけ。今までの人生で最悪の出来。)

商学部
英語 92.3%
世界史 75%〜
論文テスト マーク部分16/21 記述部分不明

法学部
英語 83.6%(やらかしました。それも含め実力ですが泣)
世界史 68%
小論文 採点不可(手応えはゼロ。意味不明なことを書いてとりあえず1000字ぴったり埋めた)

こんな感じでした。上記の3学部には全て受かったので、一つの目安にはなるかもしれません。

質問等ありましたらコメント欄でドンドン聞いてください!待ってます!

ではまた!!!

上智大学の倒し方

今回は上智大学の対策法を書いていきます。

IMG_2405

(この校章カッコいいですよね!)

上智と言えば「英語」のイメージが強いですね。実際、英語の難易度もそこそこで、イメージ通りかもしれません。

上智の多くの文系学部の配点は、
英語 150
国語 100
選択科目 100
という感じです。英語の配点が大きいですが、上智は素点ではなく偏差値法というシステムで合否を判定するので、英語以外の科目もそれなりにできなければいけないようです。(偏差値法については僕はあまり詳しくないので、他の詳しい記事等をご参照ください)

僕が受験した経済学部経営学科は、上智の文系学部の中で唯一古文漢文が無いので、慶應専願、もしくは古文漢文が苦手な人はそこを狙うのがオススメです。

では、科目別の分析をしていきます。


英語

問題自体の難易度はあまり高くないのですが、とにかく量が多いです。経営学科や外英の英語は90分の制限時間の中で75問も解かされるので、速読力が養われていないと撃沈します。ただ、裏を返せば、設問は難しいものはほとんど無いので速読力さえあればかなりの高得点を狙えます。
また、上智の特徴として、誤箇所指摘問題がほぼ毎回出題されます。簡単ではありませんが、そこまでマニアックな事項は問われず、且つ早稲田の社学の正誤問題とは違いあの忌まわしきno errorの選択肢が無いので、以前にも紹介した桐原の頻出英文法・語法1000をやっておけば大丈夫です!

国語(現代文)

はっきり言って悪問だらけです。大手予備校の解答速報で答えが割れるのはもはや恒例で、しかもそれも数問では収まらず9問ほど割れることもよくあります。
ここで稼ごうという作戦を立てている方は、今すぐ考え直しましょう。

世界史

クセが強い出題が多いです。また、一部かなーりマニアックな問題を出してきます。僕はこの大学の世界史は最後まで高得点が取れなかったのであまり書く資格はありませんが、個人的には早慶の世界史よりもニガテでした。
逆に言えば、ここの世界史があまり得意でなくても早慶の世界史で高得点を狙えるということでもあるので、ここの問題ができなくてもあまり落ち込み過ぎないでください笑

最後に、僕の本番の得点率です。
英語 90.7%
世界史 66.7%
国語 未知数(恐らく5〜6割)

これでも受かります。英語が難しかったらしく、そこで大きく差をつけれたのが勝因みたいです。

上智は、早慶よりは簡単だろうと舐めてかかると痛い目に遭います。また、日程的に上智の合格発表→早慶の本番というパターンが多く、上智に落ちた場合精神的に追い詰められた状態で早慶に臨むことになり、あまりよろしくないのでしっかり対策しましょう。

上智が第一志望の方は、過去問をしっかり研究しましょう。クセが強いということはその分それに慣れ、対策しつくせば差を付けやすいということです。頑張ってください。

今回は以上です!次は慶應対策について書きます!

東京外国語大学の倒し方

なるべく受験のことを忘れないうちに、ということでしばらく受験対策についての記事が多くなります。ご了承ください。

今回は東京外国語大学(以下 東京外大)の対策法について書きます。
IMG_2366

「名前に外国語大学とあるし、語学に関してはトップレベルの大学だから入るのもめちゃくちゃ難しそう…」

恐らく多くの人が東京外大についてこう思っていることでしょう。
しかし、そんなことはありません!

実は、東京外大に合格するのに必要な英語力は、早慶と同程度、もしくはそれ以下です。英語力だけに関して言えば、早慶の上位学部(早稲田の政経・法、慶應の法・経済)の方が高い水準を求めてきます。そして、英語以外の科目に関しては早慶の方が断然難しいと言えるでしょう。

これはあまり知られていませんが、東京外大は国立大学でありながらかなりの軽量入試なのです!


受験戦略についてですが、東京外大に合格したい受験生の皆さんはとにかく英語と世界史を極めてください。

東京外大の前期日程の配点は、下の画像のようになっています。
IMG_2365


ご覧になればわかると思うのですが、凄まじい傾斜配点で、一次試験&二次試験の合計点850点中、英語が500点、歴史が150点を占めています。

つまり!

総得点の75%以上が英語と歴史なのです!

そして、それ故に僕のような慶應専願で英語と世界史以外ロクにやっていないような人間でも合格することができたのです!

かと言ってセンター試験ノータッチで良いかと言われると、それは違います。僕は志望度があまり高くなかったのでセンター対策はほとんどしませんでしたが、東京外大を第一志望若しくはそれに近い志望順位に設定している方々はセンター試験もしっかり高得点を取って、合格を確実なものにしましょう。

以下が僕のセンター試験の結果です。

国語 76/100 (素点148/200: 現代文85 古文29 漢文34)
英語 198.4/200 (素点248/250: 筆記200 リスニング48)
世界史 44/50 (素点88/100)
現代社会 38.5/50 (素点77/100)
数学1A 28.5/50 (素点47/100)

合計: 378.4/450

古文漢文はフィーリング、数学は2年以上前の記憶を頼りに解いた結果こうなりました。安全に合格したい皆さんは少しは対策した方が精神的に良いでしょう。

センター試験の選択科目ですが、僕は現代社会を選ぶことをオススメします。僕は運良く素晴らしい先生だったこともあり、週に2回の学校の授業以外で1秒も勉強しませんでしたが8割近く取れました。世界史をやっていれば被る範囲も多いですし、本当にオススメです。


次に、二次試験について。

英語
配点300点はデカイです。世界史ではあまり差がつかないのでここで取れるだけ取りましょう。

まずリーディングですが、かなり簡単です。「え、これが本当にあの東京外大の英語?」と思っちゃうくらいに簡単です。早慶の英語に対応できる力のある受験生なら8割以上取れるでしょう。

そして、リスニング。3つのパートに分かれていて、最初の2つはこれまたとても簡単です。ある程度勉強している人であれば8割程度、リスニングが得意な人であれば9割程度の得点が見込めるでしょう。
しかし、厄介なのが3つ目のパート。
ここでは、英語での講義を2回聞き、それを200語程度で要約し(配点40)、それに踏まえて与えられたテーマについて250語程度で自分の意見を書く(配点40)よう指示されます。これがかなりの曲者で、なかなか大変です。

ところが、実はこの問題はあまりできなくても合格できちゃったりします。と言うのも、僕がそうでした。
要約部分はかなり大雑把な要約で178語書き、英作文の方はそもそも何を書けば良いのかわからなかったので、トンチンカンで的外れなことを100語ほど書いて諦め、余った時間をリーディング部分の見直しに充てました。
答案用紙回収時に周りを見回しましたが、英作文が白紙の人も散見されました。なので、首席で合格したいとかでもない限りこのパートは割といい加減にやっても大丈夫だと思います。

世界史
東京外大の世界史は、はっきり言ってそんなに難しくないです。配点は、一問一答形式が70点、100字論述が10点、400字論述が20点の計100点なのですが、この一問一答がかなり簡単です。ここで60点取って残りの論述をそこそこの出来で出せたら70点は取れます。そして70点もあれば他でやらかしてなければ合格ラインに届きます。なので、世界史は東京外大対策をするよりも早慶対策に力を入れることをオススメします。

随分雑でしたが、ザッとこんな感じでしょうか。
東京外大は私文でも併願でき、且つ「国立大学」ということで世間からの評判も良いとてもお買い得な大学です。入ってからもカリキュラムも素晴らしいらしく(伝聞)、就職も強いらしい(同上)ので、皆さんも受けてみてはいかがでしょうか?

次は上智について書きます!お楽しみに!

ギャラリー
  • 慶應義塾大学の倒し方
  • 慶應義塾大学の倒し方
  • 上智大学の倒し方
  • 東京外国語大学の倒し方
  • 東京外国語大学の倒し方
  • 世界史&小論文の勉強法
  • 世界史&小論文の勉強法
  • 推定語彙数と各種試験結果の変遷
  • 英語の過去問得点率&模試の成績